犬と猫

手作りご飯を作る|バランスの取れた愛犬のエサ

ご飯を工夫する

トイプードル

犬の手作りご飯は添加物を避けることが出来ますし、体調や好みで作ることが出来ます。作る時は食べさせていけないものや栄養素を考えて作る事が大事です。匂いで判断するので好きな匂いを知っておいて作ってあげるといいです。

Read

ご飯に気をつけるためには

ご飯

犬に手作りご飯を与える、またはドッグフードにトッピングをすることで、鮮度の良い物や十分な水分を与えられ、食事の楽しみに繋がります。また、個体にあった食事にすることもできるなどのメリットがありますが、量や材料などに気をつける必要があります。

Read

手作りの魅力

ドッグ

愛犬家である飼い主にとって、市販されているドッグフードではなく、安全性の高い手作りご飯を作るケースが増えています。人に与える食材とは異なる食材を用いるなど、知識が必要となるため、専門性の高いレシピサイトなどを上手く活用する飼い主も増えています。

Read

個体差に合わせた栄養摂取

ドッグフード

手作りの食事のメリット

最早家族の一員として迎えられていることも多い犬、この食事に関しても最近では手作りご飯を用いているという人が増えてきています。一般的に犬の食事といえばドックフードが知られていますが、メーカーや商品によっては食品添加物などが多量に含まれたものもあります。個体差があるとはいえ、家族の一員である犬にこうした添加物だらけの食事ばかりを強いるのは抵抗がある、こうした人々が犬の手作りご飯作りをはじめているのです。食品添加物は決して悪いものというわけではありませんが、やはり摂りすぎることで体に影響が出てくる場合もあります。持病持ち、アレルギーもちの体質であれば特に、食事には気を使っていく必要があるというわけです。

安全な食事のために

犬の手作りご飯を作る上で大切になってくるのは使用する食材、さらには量や調理法です。具体的なレシピに関しては手作りご飯のレシピ本やネット情報が豊富に出ているため苦労する事はありませんが、やはり犬種や体質によって個別の配慮が必要になる場合もあるため注意は徹底する必要があります。必要に応じて獣医師の意見を参考に使用する食材を決めていく、さらにはアドバイスをもらうなどして、最初のうちは犬の様子を見ながら手作りご飯をはじめていくのがオススメです。1日のうちの一食、もしくは一部を手作りにして、あとはドックフードで慣らしていく、こうした方法も犬の負担を最小限に減らしていくためには大切です。要は犬にストレスがかからないように、体調を整えるために始めるものなので、犬自身が負担を感じてしまうようでは意味がないのです。その点はしっかりと押さえておくといいでしょう。