動物

手作りご飯を作る|バランスの取れた愛犬のエサ

ご飯に気をつけるためには

ご飯

家族である犬に安心で安全性の高いものを食べさせたいと考えたときに、選択のうちのひとつとしてあげられるのが手作りご飯です。手作りご飯を食べさせたい、でも大変という場合にはドッグフードにトッピングするだけでも犬の健康や食事の楽しみを加えることができます。しかし、そんなときに注意したいのが与える量と材料です。完全に全てを手作りする場合には、基本的にはあげる量はその犬の頭ひとつ分くらいの体積が良いとされています。バランス的には4分の1を肉類、残りは野菜と少量の穀物が理想的です。ドッグフードにトッピングする場合には、ゆでた大根や豆腐、千切りキャベツ、擦り下ろした野菜などを加えることが良いとされています。しかし、ネギ類などは赤血球を壊してしまうため避けることが大切です。

犬に手作りご飯をあげることはさまざまなメリットがあります。新鮮な食べ物を与えることで、十分な水分や季節感、食事の楽しむことができるようになります。犬も生き物ですので、毎日同じドッグフードを与えるよりもトッピングや手作りご飯を与えることでマンネリ感を解消させられます。また、アレルギーを持っていたり、ダイエットをしているなどの個体にあった内容に食事内容を調整することができます。添加物や防腐剤なども入っていないというのもメリットのひとつです。しかし、安全な食べ物を与えるためにも飼い主自身が最低限の犬の栄養学を学ぶ必要があったり、胃腸の弱い子に全て手作りご飯を与えてしまうとお腹が緩くなってしまう可能性もあるため注意が必要です。